外来のご案内

ゆっくりお話を聞かせていただくため、
当院の外来は、予約制としております。

経験豊富な精神科専門医が自閉症スペクトラム障害や注意欠如多動症などの発達障害、適応障害やPTSDなどの様々なストレス関連障害、パニック障害や解離性障害などの不安障害、うつ病、統合失調症、高齢者の認知症やせん妄、といった、様々な状態・疾病・障害に対応しております。また、精神科治療と同時に、経験豊富な内科医による体の病気の治療も可能です。臨床心理士によるカウンセリングも行っております。

当院の特徴としましては、「自閉症児・者の問題行動」や「認知症」に関して、その分野での高度な専門性を持った専門医による診断と治療が可能です。また、男性医師には相談しにくい、女性の性的な悩みに対しては女性の精神科医が対応可能です。

具体的症状として、以下のような事でお困りでしたら、当院受診をお勧めします。

  1. 01

    眠れない、眠りが浅い、朝なかなか起きられない、
    悪夢で困る、足がむずむずして寝付けない等の「不眠症状」
  2. 02

    イライラする、我慢ができずやりすぎてしまう、テンションが高すぎて止められない、気が大きくなって浪費してしまう等の「感情が高ぶる躁症状」
  3. 03

    不思議な体験や不思議な出来事・不思議な声に翻弄されて、
    周囲に理解されない 等の「統合失調症のような症状」
  4. 04

    ウツウツする、落ち込む、やる気が起きない、
    不安で落ち着かない、いっそ死んでしまった方が楽だ、等の「うつ症状」
  5. 05

    何か重大な病気にかかっている気がして心配で病院にかかるが、
    特別な異常は無いと言われ困っている「心気症症状」
  6. 06

    自分の気持ちや考えが周囲に受け入れられず、
    ストレスが溜まってつらい「適応障害症状」
  7. 07

    自閉症と診断されているが、問題行動の対応に困っている
    「自閉症児・者の行動障害症状」
  8. 08

    呼吸や心臓が急に苦しくなっていたたまれなくなる「パニック症状」
  9. 09

    認知症かどうか分からないので、念のため検査を受けたい、介護が必要にならないように適切なリハビリを受けたい「認知症予防と早期発見・介護予防リハビリ」
  10. 10

    徘徊や不眠、介護を嫌がる等で家族が困っている、「認知症周辺症状」
  11. 11

    発熱や体調不良があっても認知症のため、他の病院では受け入れ困難といわれた方「認知症患者の身体合併症の治療」

診療時間について

診療時間
月〜金曜日
午前 9:00〜12:45  
午後 13:45〜17:00
土曜日      
午前 9:00〜12:00
休診日 土曜午後・日曜日・祝祭日

092-551-5301

お電話にて「外来予約」とお伝えください。

お電話にて「外来予約」とお伝えください。

092-551-5301

診療時間
月〜金曜日 午前 9:00〜12:45
午後 13:45〜17:00
休診日 
土曜日・日曜日・ 祝祭日

担当医のご紹介はこちらからご覧いただけます

はじめて受診される方へ

はじめてご来院される方はあらかじめお電話にてご相談をされるとスムーズに受診していただきやすくなります。
ソーシャルワーカーまでお気軽にご相談ください。

相談窓口
092-551-5301
平日 9:00〜17:00

みなさまからよく寄せられるご質問はこちら

高齢者のこころと脳の専門外来

診療時間 /
毎週水曜日(祝日除く)14:00~16:00

※診察には事前に予約が必要です。

予約方法 /
お電話もしくは、ネット予約(初診時のみ)

初診受付ネットサービス

認知症専門医もしくは認知症診療経験豊富な精神科専門医が担当いたします

  • ご自身で最近物忘れが多いなど自覚症状のある方
  • 本人が症状を認めず、受診をしたがらない

どのような事でも構いません。地域医療連携室にて速やかに受診ができるよう、
アドバイスや調整をさせていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。

高齢者のこころと脳の病気について

当院ではアルツハイマー型認知症の
早期発見ができる血液検査を実施しています

アルツハイマー型認知症になりやすい体質や遺伝形質を血液検査・認知機能テスとなどを用いて早期発見できる検査です。将来、アルツハイマー型認知症になる危険性を算出します。自覚症状がない段階でも血液を調べることで、いちはやく兆候を発見できます。早期発見により、日常生活の中で予防することができます。

アルツハイマー病は生活習慣病の一つと考えらえるようになりました。
生活習慣の改善や早い段階での介入によって発症時期を遅らせることや症状の進行を遅らせることができることが分かっています。そして、完全に治療する方法がまだ見つかっていない認知症では、進行を遅らせ、症状を抑えるために、早期発見が重要だとされています。

アルツハイマー型認知症高リスク者スクリーニング検査について

まずはお話をお聞かせください。
患者さん、そのご家族にとって最善の方法を
親身に一緒に考え、提案させていただきます。

ご相談は
092-551-5301

相談受付時間
月〜土曜日 9:00〜17:00