あなたのお酒の飲み方は大丈夫ですか?

現在のお酒の飲み方を続けると、将来お酒のためにあなたの健康や社会生活に影響がでる恐れはないでしょうか。お酒は、現在治療中の病気の回復の妨げになるばかりか、病状を悪化させる危険性があります。

もしもあなたがお酒の量を減らすことに関心をお持ちでしたら、当院へご相談ください。国立肥前精神医療センター監修のワークブックを用いて、減酒支援を行っています。

減酒支援外来は、断酒を強制するものではありません。現在のお酒の飲み方が適正か、客観的に評価を受けることができます。このまま飲み続けても良いのか、減らした方が良いのか、あなたの進むべき方向を自分自身で選ぶことができるように、私たちがお手伝いを致します。

そのうえで、もし、お酒を減らしてみたい…とお考えであれば、お酒の飲み方をどのように変えるのか、お酒の量を減らすコツをお伝えしながら、あなたがその目標に向かわれるあいだ、しばし伴走致します。

お酒の量を減らして変わる自分自身を想像してみてください。

  • よく眠れるようになるかもしれません。
  • 憂うつな気分が減って、気分がよくなるかもしれません。
  • 体が楽になり、体力がつくかもしれません。
  • 能率が上がり、仕事が充実するかもしれません。
  • 家庭や職場などでの人間関係が良くなるかもしれません。
  • 体重と血圧が下がり、メタボの危険が減るかもしれません。
  • 心臓病や癌、肝臓病で命を落とす危険性が減るかもしれません。
  • 脳にダメージを与えることなく、健やかな老後をむかえることができるかもしれません。
  • お金がたまり、生きている間にできることが増えるかもしれません。
  • しらふで過ごす時間は、あなたが思っているよりも、悪くないかもしれません。

もし、あなたのお酒の量があなたの健康や社会生活を害するほどに多く、継続してお酒の量を減らすことができない場合には、アルコール依存症の可能性があります。この場合には、断酒が求められます。アルコール依存症は回復可能な「病気」です。

はじめてご来院される場合はあらかじめ
ご相談いただきますとスムーズに受診して
いただきやすくなります。お気軽に、
ソーシャルワーカーまでご相談ください。

ご相談は
092-551-5301

相談受付時間
月〜土曜日 9:00〜17:00