医療法人勢成会井口野間病院精神科・心療内科井口野間病院

はじめてご来院される場合や、ご不明な点がある場合はお気軽に、ソーシャルワーカーまでご相談ください。

相談受付時間

月~土曜日9:00~17:00

9:00~17:00

診療科目Specialty

当院は、最新の医学知識と温かい心で医療を提供し、患者さんとご家族を援助します

当院には常勤の医師として、精神保健指定医が4名と、内科医師1名が在職しており、精神科疾患全般にわたって経験豊富です。特に自閉症児(者)の行動障害、ストレス性疾患、統合失調症、高齢者の精神疾患(主に認知症)については、高い専門性を持っています。当院の診療は、多職種(メディカルスタッフ)が連携して治療を行う「チーム医療」を方針とし、お薬の量をできるだけ少なくして、「カウンセリング(精神療法)」を中心に行う治療を重視しています。また、九州大学病院精神科の関連病院となっており、様々な点で協力関係にあります。

診療時間・受付時間

  • 月〜金曜日
  • 【午前】 9時00分~12時30分
  • (受付 12時00分まで)
  • 【午後】13時30分~17時00分
  • (受付 16時30分まで)
  • 土曜日
  • 【午前】 9時00分~12時30分
  • (受付 12時00分まで)

※診療は原則予約制になります。お手数ですが、お電話でご予約のうえ、ご来院ください。

診療までの流れHow to get Medical Treatment

当院診療までの流れをご案内いたします

まずはお電話にてご相談ください。ご相談のお電話をいただいた後、相談員がお困りの状況などをお伺いします。その後、ご家族と面談日や受診日の予約をお取りします。診断の結果、今後の事について医師やソーシャルワーカーよりご説明させていただきます。

外来通院・ご入院について

ご入院の場合

ご入院された場合、対応する病棟で、医師・看護師をはじめとするスタッフが治療にあたり、退院までの間、誠心誠意対応させていただきます。

退院後は再び症状が悪化しないように、訪問看護・デイケアなどの社会資源を利用しながら、社会生活を続けていくお仕事をお手伝いさせていただきます。

ご通院の場合

ご通院される場合、訪問看護・デイケアなどのご案内をさせていただきます。

定期的に外来通院を続けていただけるように病院が全面的にサポートいたします。

問診票ダウンロードDownload Medical Questionnaire

下記より問診票(PDFファイル)をダウンロードして受診日にお持ちいただきますとスムーズにご案内ができます

外来Outpatient

高度な精神医療を提供する精神科専門医療機関を目指して

若年層の「うつ病、統合失調症」や、高齢者の「認知症・せん妄」をはじめ、適応障害やPTSDなどの様々な「ストレス関連障害」、パニック障害や解離性障害などの「不安障害」、自閉症スペクトラム障害や注意欠如多動症などの「発達障害」といった多種多様な分野で、高度な専門性を持つ専門医による診断と治療を可能しています。また、男性医師には相談しにくいなど、女性特有の悩みについては女性精神科医の対応も可能です。

具体的症状として、
以下のような事でお困りでしたら、
当院受診をお勧めします。

01.眠れない、眠りが浅い、朝なかなか起きられない、悪夢で困る、足がむずむずして寝付けない等の「不眠症状」

02.イライラする、我慢ができずやりすぎてしまう、テンションが高すぎて止められない、気が大きくなって浪費してしまう等の「感情が高ぶる躁症状」

03.不思議な体験や不思議な出来事・不思議な声に翻弄されて、周囲に理解されない 等の「統合失調症のような症状」

04.ウツウツする、落ち込む、やる気が起きない、不安で落ち着かない、いっそ死んでしまった方が楽だ、等の「うつ症状」

05.何か重大な病気にかかっている気がして心配で病院にかかるが、特別な異常は無いと言われ困っている「心気症症状」

06.自分の気持ちや考えが周囲に受け入れられず、ストレスが溜まってつらい「適応障害症状」

07.自閉症と診断されているが、問題行動の対応に困っている「自閉症児・者の行動障害症状」

08.呼吸や心臓が急に苦しくなっていたたまれなくなる「パニック症状」

09.認知症かどうか分からないので、念のため検査を受けたい、介護が必要にならないように適切なリハビリを受けたい「認知症予防と早期発見・介護予防リハビリ」

10.徘徊や不眠、介護を嫌がる等で家族が困っている、「認知症周辺症状」

11.発熱や体調不良があっても認知症のため、他の病院では受け入れ困難といわれた方「認知症患者の身体合併症の治療」

診察時間のご案内Consultation Times

当院にご来院の際はご確認ください

  

外来診察時間
午前9:00~12:00
午後13:30~17:00 /
休診時でも緊急の場合はご相談ください(TEL/092-551-5301)

※受付時間は診療終了時間の30分前までとなります。

※休診は土曜午後・日曜・祝日です。

はじめて受診される方へ

はじめてご来院される方はあらかじめお電話にてご相談をされるとスムーズに受診していただきやすくなります。

ソーシャルワーカーまでお気軽にご相談ください。

入院Hospitalization

入院のお手続きをサポートさせていただきます

当院では相談員が入院のお手続きをさせていただきます。

  • 必要なもの
  • 1.印鑑
  • 2.保険証(入院中も毎月初めは窓口に提示してください。)
  • 3.入院申込書などの書類
  • 4.なお、病状により保護者の同意が必要な場合がありますので、ご本人になるべく身近な方(配偶者、親、子、兄弟など)が同行してください。
  • ※限度額適用認定証、障害・ひとり親などの医療受給証をお持ちの場合は受付にてお渡しください。
  • 入院時にご用意していただくもの
  • 1.洗面道具一式(洗面器、歯ブラシ、歯磨き、石鹸、シャンプー、プラスチック製コップ、タオル、バスタオル、ひげ剃り器、ヘアブラシ)
    履物(室内用・屋外用)
  • 2.普段着(動きやすいもの、ジャージ・スウェットなど上下5着まで)
  • 3.下着(上下5組ほど)
  • 4.寝間着(2組ほど)
  • 5.ティッシュペーパー
  • 6.洗濯用品(ご自分で洗濯される方:洗剤、ハンガー(プラスチック製のみ)、洗濯バサミ、バケツ)
  • 7.透明の衣装ケース(2個まで)
  • 衣装ケースは以下のサイズより小さいなものでお願い申し上げます。
  • ふたタイプの場合 / 最大:幅40cm×奥行75cm×高さ30cm
  • 引き出しタイプの場合 / 最大:幅37cm×奥行き73cm×高さ21cm

入院費用・お支払いHospitalization fees and Payment

各種料金を掲載しております

治療費

病状の程度、保険の種類によって、負担額が異なります。

毎月月末締め切り、翌月10日までに請求書を出しますので、20日までにお支払いください。

病院発行の「請求領収書」は確定申告時、医療費控除請求の時に必要になりますので、大切に保管してください。

治療費を数ヶ月以上滞納されると退院していただくことになりますので、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

用意していただくお金

入院生活ではいろいろな日用品を購入することが必要になります。(お菓子、テレホンカード、洗濯カード、散髪、歯科など他科受診の際の治療代、交通費など)これらに必要な費用は自己負担になりますが、金銭の管理方法については入院の際にご説明させていただきます。

個室(特別療養環境室)のご利用について

当院では「女性のみ」特別療養環境室をご用意しております。ご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

面会ご希望の方へFor those who wish to meet with us

大切な方とのご面会について

面会について

当院で知り得た個人情報については、外部に漏らさないようにご協力をお願いいたします。

また、面会は患者さんの病状によっては回数や時間、面会自体について制限させていただく場合がございます。

詳細は病棟スタッフとご相談ください。

なお、面会時に現金・酒類・刃物等の危険物はお渡しにならないでください。

食べ物や飲み物の差し入れに関しては、病棟スタッフに事前に相談し、治療に支障のない範囲でお持ちくださいますようお願い致します。(お刺身などの生もの、おもちなどの喉につまりやすい物の差し入れはご遠慮くださいませ。)

面会時間 午前10:00〜12:00 午後13:45〜16:30

入院食についてAbout Hospital Food

栄養面、安全面に配慮した食事をご提供いたします

入院中の楽しみでもある食事をおいしく安心して召し上がっていただくため、医師の指示に基づいて患者さまの病態に応じた栄養面、安全面に配慮したお食事を提供するのはもちろんですが、管理栄養士や調理スタッフで、患者さまに少しでも季節を感じ、楽しんでいただけるような行事食や特別献立を考案し、日々のお食事に取り入れております。

退院についてAbout discharge from the Hospital

退院後も、自立した生活を目指せるようにサポートいたします

当院では原則、各医療スタッフと主治医で話し合い、最終的に主治医が決定します。

具体的な日時はご本人・ご家族とご相談の上、退院後予想される問題への対応・退院後の生活環境の調整等を行ってから決定します。

ただし、任意入院の場合は原則、ご本人の意思により退院することが可能です。

ご質問Q&A

よくあるご質問を掲載します

  • Q:入院が必要となるのは、どんなときでしょうか?
  • A:精神科の入院となる状態とは、幻覚や妄想に悩まされているとき
    激しい興奮状態 長く続いているうつ状態、躁状態 …などが主にあります。
    精神科の入院治療で、詳細に症状の観察をしていくことが大事になります。
  • Q:個室での診察でしょうか?家族は同席できますか?
  • A:個室での診察ですのでご安心ください。
    ご家族や付き添いの方の同席も可能です。
    しかし、スペースが限られていますので、大人数での同席はご遠慮ください。
  • Q:本人に精神科受診の意思がありません。まずは家族相談だけでも可能でしょうか?
  • A:患者さんご本人が病気であると認めず、精神科の受診を拒否される場合があります。
    受診はご本人に来ていただく必要がありますが、ご家族様だけの場合でも、ご相談いただくことはできます。
    また、患者さんのご家族がいらっしゃらない場合でも入院できることもございます。
    まずは悩まず、TEL:092-551-5301(平日 9:30〜17:00)までご相談ください。
  • Q:物忘れが酷いのも精神科で受診してもいいのでしょうか?
  • A:認知症は脳の病気でもあるので、認知症の恐れがある場合は、精神科での受診で大丈夫です。
    認知症と高齢者の病気は違いがわかりにくいものがあります。
    判断は医師がしますので、まずは受診されることをおすすめいたします。>高齢者のこころと脳の病気についてはこちらからご覧ください
  • Q:精神科に通っていることが会社や家族などに知られてしまうようなことはありませんか?
  • A:原則的に、会社や家族、友人などにあなたが精神科に通っていることが知られることはありません。
    精神科の外来は、たとえ誰から問い合わせがあろうと、あなたが患者として通院しているかどうかや診療の内容は第三者にはお答えしないことになってます。
  • Q:精神科に行くと、薬をたくさん処方されませんか?
  • A:精神科の病気は、「脳の病気」であると同時に「心の病気」でもあります。
    脳に対しては主に薬を用いますが、心に対しては、さまざまな治療、サポートがあります、患者さんにとって最適な選択肢を一緒に考えご提案しますのでご安心ください。
    ・精神療法(心やストレスへのアプローチ。まずはお話を聞き、選択肢をご提案します)
    ・作業療法(頭を使ったり人とコミュニケーションをとることでのリハビリ)
    ・疾病教育(自分の病気を知り、自分の病気と向き合えるようにする)
    ・家族療法(周囲の本人への関わり方を見つめなおす。ご家族のガス抜きなどのご提案)
    ・環境調整(環境の調整をして、退院後のストレス因子を排除する)
  • Q:心療内科と精神科の違いはなんですか?
  • A:心療内科は、身体の症状がメインですが、検査をしても異常がない、
    あるいは、経過からストレスなどが関連していると思われるような身体症状がある場合です。
    精神科は、不眠や不安、イライラ、抑うつ、幻覚など、心の症状(精神疾患)が
    メインである場合というように分類されますが、身体症状と心の症状の両方にまたがっている事が多いため、
    当院では両方を診察できる医師が常駐しております。ご安心して受診ください。

はじめてご来院される場合や、ご不明な点がある場合はお気軽に、ソーシャルワーカーまでご相談ください。

相談受付時間

月~土曜日9:00~17:00

9:00~17:00

関連施設・関連機関Related facilities Related organizations