開院以来、地域の皆様と共に歩んでまいりました。
これからも皆様に愛される病院を目指してまいります。

井口野間病院の開院は昭和31年(1956年)、当時は精神科の整備はまだ極めて不十分で、困った患者さんが安心して療養できる施設が強く望まれており、ここ福岡市南区に精神科病院を創めたのが当院の発端です。

基本理念・理事長ごあいさつ

当院は精神科、心療内科の病院ですが、多くの患者さんが精神科、心療内科だけでなく身体合併症をもってる場合が増えてきております。高齢化社会により、認知症患者さんが増えていく傾向にありますので、身体合併症にも対応でき、安心して来ていただける「精神科、心療内科の井口野間病院」となるよう尽力していく所存でございます。

病院概要

病院名 医療法人 勢成会(せいせいかい) 井口野間病院
設立 1956年
所在地 〒815-0074 福岡県福岡市南区寺塚1丁目3-47
連絡先 TEL/092-551-5301 FAX/092-553-8587
病院長 杉原 弘治
診療科目
  • 精神科
  • 心療内科
病床数

216床

  • 急性期治療病棟 46床(内:個室1、隔離室2、観察室2)
  • 精神科病棟 170床(内:隔離室 5床、特別個室 1床)
施設基準

入院

  • 精神科急性期治療病棟入院料1(13対1)
  • 精神科病棟入院基本料(15対1)
  • 診療録管理体制加算2
  • 看護配置加算
  • 看護補助加算
  • 精神科地域移行実施加算
  • 精神科身体合併症管理加算
  • 重度アルコール依存症入院医療管理加算
  • 患者サポート体制充実加算
  • 精神科救急搬送患者地域連携受入加算
  • 後発医薬品使用体制加算1
  • 薬剤管理指導料
  • 精神科作業療法
  • 医療保護入院等診療料

外来

  • ニコチン依存症管理料
  • 精神科ショート・ケア(小規模)
  • 精神科デイ・ケア(小規模)
認定
  • 日本精神神経学会専門医制度における研修施設
  • 日本認知症学会専門医制度における研修施設
  • 労災保険指定医療機関
  • 難病指定医療機関
  • 指定障がい福祉サービス事業者(レスパイト入院対応可能)
関連施設
  • 精神科デイケア ぬくみ
  • 認知症・介護予防目的デイケア きらり

当院の特色

認知症専門療法  
~認知症を抱えながら、
よりよい生活を送るための援助~

当院では、認知症学会専門医・指導医である院長をはじめとし、高度な認知症治療の経験を持つ医師が複数在籍し、患者さんやご家族に寄り添い、医療を提供しております。

  1. 認知症のリスクの高い方に対する認知症予防法の指導
  2. 症状の軽い方の早期発見・治療
  3. 認知症の進行に伴う様々な問題や症状への対応

また、リハビリテーションにも力を入れており、「認知症予防リハ」、「認知症進行を遅らせるためのリハ」、「認知症にかかっても、よりよい生活を送るためのリハ」といった、その方にあった最善のリハビリテーションを提供しています。

身体合併症治療

精神科疾患や認知症性疾患を患う方の中で、高齢化に伴い内科的疾患を同時に患う方が増加しています。例えば、高齢の認知症患者さんが肺炎にかかる、転倒して骨折して手術を受けるといった事が増えています。その中で、精神疾患や認知症が原因で、一般の内科病院やリハビリテーション科病棟では対応が困難とされ、十分な治療が受けられないことがあります。

当院の副院長は内科疾患を広く高い水準で診療が出来る、内科総合医であり、内科医と精神科医が密に協力して体の治療にあたる体制を整えております。また、大学病院をはじめとした、高度医療を担う専門医療機関と連携体制をとっており、必要に応じて転院して治療を受けて頂くことも可能です。

徹底した保清管理

当院の入院患者さんに褥瘡(じょくそう)の方はいません。

褥瘡とは、一般的に「床ずれ」ともいわれています。管理栄養士における栄養管理をはじめ、各スタッフが日々患者さんの状態に気を配り、徹底した情報共有より患者さんのささいなことも見逃さないよう密接な看護を提供しています。
また、作業療法士と共に口腔ケア、誤嚥・転倒などの院内事故予防ケアに努めています。入院中の生活が快適に過ごせるよう医療スタッフが一丸となって患者さんのケアに尽力しております。

高い専門性

当院には、日本認知症学会の専門医・指導医や、米国への留学で「行動分析学」を学び学位を取得し、米国の公的専門資格を取得した医師など、精神科各分野で高い専門性をもった医師が在籍しております。当院の医師は相互研鑚を積極的に行っており、どの医師が担当しても、どの疾患であっても水準の高い精神科医療を提供できる体制をとっています。また、看護師や薬剤師など、メディカルスタッフへの教育も活発であり、病院全体で診療水準を高める努力を続けております。

地域貢献活動

当院は医療機関の役割として、日々の医療によって地域に貢献してまいります。
それに加えて、ただ、病院で待機している医療だけではなく、認知症や精神科疾患、発達障害などについて、地域の理解を深め、地域の精神衛生向上に貢献したいと考えます。そのため、文化活動や教育講演、地域の防犯活動や、孤立した高齢者への支援など様々な活動を行って参ります。疾患にかかる方を減らしたい、万が一に疾患にかかっても安心して地域で暮らして頂きたい、そう心から願っております。

多くの患者さんを診てきた井口野間病院であるからこそ、
皆様にお伝えできることがたくさんあると思っております。

会社や学校、自治体など、ご依頼があれば講師を派遣しております。
ご希望でしたら当院施設内での講演も可能です。まずはお気軽に当院までお問い合わせください。

交通アクセス

井口野間病院の地図

井口野間病院の地図

バスでお越しの方
天神から西鉄バス51・52番系統で35分
天神から西鉄バス快速151・152番系統で25分
博多駅から西鉄バス64・65・67番系統で40分
※長住1丁目バス停で下車、大池なないろ保育園から50m先。
※野間大池バス停で下車、野間大池交差点を右方向、最初の信号を左折。

タクシーでお越しの方 
西鉄高宮駅からタクシーで5分。

お車でお越しの方 駐車場あります。

病院沿革

昭和31年1月 現在地に井口 淡により井口野間病院を精神科33床で開設
昭和37年 数回の増改築により定床95床となる
昭和38年 増築により定床107床となる
昭和39年 増築により定床143床となる
昭和42年 増築により定床183床となる
昭和43年 増築により定床201床となる
昭和58年12月 増築により現在の定床216床となる
平成7年11月 開設者 井口 潔へ変更後、医療法人 井口野間病院を設立
平成16年7月 精神科216床のうち、48床を精神科療養病棟とする
平成16年9月 精神科訪問看護開始
平成18年6月 精神科デイケア“ぬくみ”を併設
平成19年4月 地域医療連携室を設置、社会復帰に重点をおく
平成27年4月 開設者として、高山 成吉 理事長に就任
平成29年8月 精神科216床のうち、48床を精神科急性期治療病棟とする

~現在新築全面建て替えに向け、計画進行中。地域のニーズに応え得る新病院へ~

これからの井口野間病院

理事長 髙山 成吉 書

理事長 高山 成吉 書

まずはお話をお聞かせください。
患者さん、そのご家族にとって最善の方法を
親身に一緒に考え、提案させていただきます。

ご相談は
092-551-5301

相談受付時間
月〜土曜日 9:00〜17:00