地連 うちやま さやこ

先輩インタビュー

一言コメント

大変なこともありますが、皆で協力しながら「患者様、ご家族様の援助」を行っています。

 部署名:地域医療連携課

 氏名:Uさん(代)

 趣味:好きな音楽をネットで漁ること

Q1.地域医療連携課での仕事内容を教えてください。

入通院に関する相談、入院~退院支援、外来通院中の方への社会資源案内等々、幅広く支援を行っています。医療や介護、生活などの様々なお困りごとに対して、個別性に応じた支援を、多職種、他機関と協力しながら行っています。当院が毎年新しい取り組みを行い拡大してきた中で、スタッフの人数も含め、その業務内容も拡大してきました。

Q2.Q2.地域医療連携課のスタッフにはどんな人がいますか?

現在、地域医療連携課には、精神保健福祉士、看護師、事務員が在籍しています。困った時はお互いに相談し合うなど多職種で協力しながら、和気藹々と仕事を行っています。

Q3.仕事をする上で気を付けていることは?

精神科での仕事は、興味深くやりがいのある仕事です。患者様、ご家族様、その他様々な方からいただくご相談の内容は人それぞれで、多岐に渡ります。一人ひとりに合った、その時々でよりベターな選択肢がご提案出来るような支援の引き出しを増やすべく、新しい知識や技術を得ながら日々の支援を行うように心がけています。多職種のスタッフとコミュニケーションをとり、お互いに相談や情報共有をしやすい関係性を築いていきながら楽しく仕事をすることも大切にしています。

Q4.今後の目標があれば教えてください。

皆が楽しく仕事ができる環境作りも目標の一つです。良い支援を行い継続していくには、スタッフ自身が心身ともに健康でいること、いようとすることも大切だと思います。大変な業務に臨んでいても終業時刻となればきりの良いところで一旦業務を置いてもらい、また次の日続きを頑張ってもらう、といった「切り替え」を意識してもらうようにお願いしています。